忍者ブログ

それさえもおそらくは平凡な模型

それさえもおそらくは平穏な日々の模型分ブログ独立ページです。

   

PR
           ただいま受注を停止しております。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




           ただいま受注を停止しております。

ガイアノーツさんの新色テスト その1

ガイアノーツさんの春発売予定の新色

「プレミアムメッキシルバー」の先行サンプル品を入手しましたので
何回かに分けてテスト結果をご報告してきますね。




まず、ビン容器に入ったサンプルですが


ビンの大きさは、Exカラーの大瓶ほど大きなモノではありません。

が、通常色やVCカラーのような小ビンよりは少し大きい
新しいサイズ?の容器に入っています。


思いっきりサラサラの、エアブラシ塗装用に希釈された状態で
瓶詰めされての発売です。
逆に、筆塗りには全く不向きな塗料であることが希釈具合からわかります。

これって・・・


スパッツスティックスやアルクALC-107とほぼ同じような希釈ですね。
そのままハンドピースのカップに注いで使うタイプのようです。

下地にはなるだけ光沢のある黒を使います。
って事でEX-ブラックをツヤツヤに吹いてみました。
もっと書くとウレタン塗料のブラックやEX-ブラックの上にウレタンクリヤーを
塗装して面の平滑化をより進めた方が結果は良くなると思います。

下地のわずかなキズやユズ肌、ホコリは全部、馬鹿正直に跳ね返ってくる
とても面倒くさい塗料の一つです。
逆に下地処理に手を入れれば入れるほど、綺麗な塗膜となって
帰ってくるので下地作りを頑張れば嬉しい結果が得られる塗料です。


一回目の塗装

エア圧を落とし、20~30cmほど塗装するパーツを離して
明らかな遠吹きで「フワ~」っと、ゆっくり塗料を乗せていきます。
『エアブラシで塗料を吹く』のではなく
『エアブラシ塗装の要領で遠くから塗料を乗せていく』感覚です。
ガンプラ塗装の0.6~0.8気圧より落としました。
ウチの機材での条件で0.45Mpaでした。
カーモデルの1.0~1.2気圧よりはずいぶん落ちます。

ガイアノーツさんでは自社の「イージーペインター」での塗装も可能としていますが
吐出圧調整機能を持たないカンスプレーではこの低圧は難しいですね。
パーツとの距離をもっと離す必要があるかもしれません。

エアブラシ機器を持っている人はエアブラシ塗装に頼った方が良い結果になると思います。


ちょっと近づけてみたり、圧力を上げてみたりしたところ 突然曇りました。
曇ったと言う表現はおかしいですね。
輝度が鈍くなったと言った方がいいかもです。

お手持ちの機材に合わせて距離!速度!全門斉射!を何度かテストしてから
本番に臨まれた方がいいと思います。

で、遠吹き+超低圧の条件のままで
下から巡に、吹き重ね回数を変える方法で塗膜の厚みを調整してみました。


下の方が2回程度のフワ乗せ
中間が3回程度のフワ乗せ
一番輝度上がったメッキ感のある上段で5回目のフワ乗せ

これ以上塗料を乗せると白い粉を吹いたような感じで再び輝度が下降線をたどります。
完全乾燥後に軽~~~くネルで拭いてやるとメッキ感のある塗膜に戻ります。


これって、やっぱりスパッツスティックスやALC-107とほぼ同じ性質の塗料ですね。
希釈成分のアルコール系揮発溶剤の匂いがします。
国内製品で、あの高級塗料たちと同等の製品を出して頂けた事に感謝します。
ただ、販売価格如何では手を出しにくくなるかも・・・。と危惧してみたり・・・。


次回以降でもう少し掘り下げたり、サンプルとして頂いたモノなので
サンプルらしく上塗りクリヤーとか実験したりしてみますネ。



あ~う~げ~・・・しゅ~せ~ちゅ~う~・・・うぅぅえぇぇ(涙・・・。







COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

P R

プロフィール

HN:
ちーちぇん
性別:
男性
自己紹介:
それさえもおそらくは平穏な日々の「模型」版です。

特定商取引法 記載

販売主 : 池田 正
販売責任者 :同上
電話番号:090-3560-3421
FAX:059-373-7393
メールアドレス:gpz900r16@gmail.com

【商品代金以外の必要料金】
製作商品は、全て税込みです。
別途、
キット代金、振込手数料と送料が
お客様負担で必要となります。

【ご注文方法】
メールにて打ち合わせの上。

【お支払い方法】
銀行振込. 郵便振替
依頼製作商品完成後。

【返品について】 
輸送途中の不良品に限り、
7日以内にご連絡いただければ
修理または再製作いたします。
購入者様のご都合による返品は
原則 受け付けておりませんが、
ご相談は気軽にどうぞ。

ブログ内検索

最新コメント

[08/29 模型好き@名無しさん]
[08/28 ほあう]
[08/21 模型好き@名無しさん]
[08/11 Fino(フィノ)]
[07/26 模型好き@名無しさん]

コピーライト

F.S.S Series 製作物
©EDIT
©角川書店

機動戦士ガンダム 製作物
©バンダイ
©サンライズ
©創通エージェンシー

カウント

最新トラックバック

アクセス解析

Copyright ©  -- それさえもおそらくは平凡な模型 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]